青々

120628 宿根草植栽部分

とても花壇とは言い難い、うちの草花コーナー。
殆どが宿根草・多年草で占められてるので、宿根草エリアと呼んでます。
(植わっている植物詳細については、画像をクリックしてご覧ください)

葉っぱだらけですが、葉っぱ好きな私としては結構満足。
特にお気に入りは、両サイドのヒューケラと、最前列のグラウンドカバーにしたセダム・ドラゴンズブラッド(丸くて赤みを帯びた照葉)

写真下は、6/10撮影時のもの。
こうして改めて見ると、すくすく育ってくれてありがとうと植物たちに感謝です。
120610 宿根草植栽部分

イグランティーヌやっと

120627 ERイグランティーヌ

毎年、豪快に繁っては豪快に黒点を発生させ、丸坊主とワッサーを繰り返すイグランティーヌ(いや、ちゃんと薬剤散布すればよい話なのですが
ヘリテージと同様、先月下旬にリセットをかけたので本日ようやく二番花開花。
まさに自分が待ち望んでいた花容で咲いてくれて大満足です。
すっきりとしたローズ香も健在でうれしい限り。

こちらは先日の台風で、二番花の蕾を殆ど失ってしまったティージングジョージア。
残された蕾を咲かせるか、株の復旧を優先させるか(若枝も殆どもっていかれたので)悩みましたが、咲かせてしまいました。
カスタードクリームみたいなやわらかいイエローに、甘いティーの香りがぴったり。
世話をするモチベーションも一層上がったので、咲かせて結果OKということにしようw
120627 ERティージングジョージア

大きくなあれ

120626 ERメアリーローズ

思っていたよりも、ずっとずっとかわいい花のメアリーローズ。
地植えにすれば半つるで使えるほど大きくなるそうなので、ゆくゆくは12号鉢でどーんと咲いてもらいたいものです。

写真下は、すでに大きくなった4年目のヘリテージ。
ちゃんと面倒を見てないので株の充実度はいまいちですが、二番花は姿・香りも花付きも申し分なし。
一度思い切って、摘蕾&枝葉も整理してリセットした甲斐ありです。

いまブログを読み返したら、リセットしたのは5/21頃。
約5週間で見事な復活と感動しつつも、冬~早春にちゃんと世話しておけばリセットする必要もなかったと猛省中。 
120626 ERヘリテージ

仮住まい2日目

120626 HMskバレリーナ

お隣がフェンス越しに写ってしまうので、もっと繁るまで自重する予定でしたが、あまりの可憐さについ撮影したバレリーナ。
日当たりがいまひとつの場所なので、しばらくは様子見です。
木のトレリスがすごく似合うので、ここですくすく育ってくれるといいな。



仮住まい

120625 HMskバレリーナ

120625 HMskバレリーナ

二番花がぽつぽつと咲き始めたバレリーナ。

一緒に購入したザ・フェアリー共々、面白いように枝が伸びる伸びる。
なので、試しにフェンスに這わせてみることにしました。
といっても、扇状に生えている枝をなるべく水平に近い角度でトレリスに固定してみただけ。
二番花が進んで完成形がなんとなくイメージできたら、ここを本住まいにしよう。

お隣が丸写りになってしまうので、トレリスを覆うくらい繁るまではカメラに収められないのが残念。やっぱ鉢増ししよっかな・・・

なんでもっと早く

買ってなかったんだろう、と思うくらい大満足なメアリーローズとグラミスキャッスル。
120625 ERメアリーローズ

120625 ERメアリーローズ

写真1枚目は今日咲いた花、2枚目は昨日からの花。
クリアなローズピンクが、一日で淡いシルバーピンクに。
こんなに細いステムでも項垂れずにしゃんと咲くところもうれしい。

グラミスキャッスルは、2日目も昨日とほとんど変わらない花容で。
花もかわいいけど、平たい丸い葉っぱも実にチャーミング。
120625 ERグラミスキャッスル

上半期棚卸し

120624 鉢バラ@庭

120624 鉢バラ@コンクリテラス部分

もうこれ以上増やさない、増やすとしてもあと1株だけ、いや、場合によっては2株までなら・・・
と自重もしくは暴走する為に棚卸しを。

12号鉢
 ERコーヴェデイル、ERスカイラーク
10号鉢
 ERイグランティーヌ、ERヘリテージ、HTアバウトフェイス
 HMskコーネリア、Noiブラッシュノアゼット
 Shジャルダンドレソンヌ、ERティージングジョージア、Flアイスバーグ、
 ERグラミスキャッスル、ERメアリーローズ、Minスイートチャリオット
8号鉢(10号に鉢増し予定) 
 ERチャールズダーウィン、Flグルスアンアーヘン
8号鉢
 HMskフェリシア、Bブールドネージュ
6号鉢(8号に鉢増し予定)
 HTオーギュスティーヌギノワソー
 Teaアルシデュックジョセフ、Teaスヴニールデリゼバルドン 
6号鉢
 HMskバレリーナ、Polザ・フェアリー

バレリーナとザ・フェアリーは生長が猛烈に早いので、鉢増ししたいけど鉢増ししたら大変なことになりそうな・・・と迷い中。
とりあえず、ブッドレアの枝に誘引の予定を変更して、フェンスに這わせてみます。

今日の庭仕事

120624 ゲラニウム ビオコボ&ロザンネイ

お天気にも恵まれ、午前中の殆どを庭で過ごすことができて幸せな休日でした。

今日やったことは
●多肉以外の全ての鉢物と宿根草植栽エリアに液肥で水遣り。
●重い腰を上げてアジサイの剪定と支柱立て直しを実施。
●小輪つるバラを這わせる予定のフェンスにトレリスをクリップで仮設置。

明日は結束バンドでフェンスに本設置して、アサガオ用にもトレリスを買ってこよう。

写真はゲラニウム・ビオコボとロザンネイ。
ゲラは本当に手間要らずでよく咲いて、爆殖もしないし、私みたいなずぼらガーデナーの救世主です。

グラミス&メアリーローズ二番花スタート

120624 ERグラミスキャッスル

二番花といっても、一番花終了後に投売りされていたのを買ってきた苗なので、うちで咲くのはこれが初めて。
朝、こんな感じにころころと咲いたのが、ちょっと水遣りをしている間にもうピンクの花芯が見えてきました。
整った樹形といい、細いのに頑丈なステムといい、小さな庭にぴったりなERかも。

120624 ERグラミスキャッスル

120624 ERグラミスキャッスル

そして、開花スタートと同時にこんなうれしい発見が。
ベーサルシュートの芽がふたつも!

あとは、黒点発生だけ抑えれば完璧・・・のはず。
グラミスが来たおかげで薬剤散布魔になりそうですw 


写真下2枚は、うどん粉でかなり葉っぱを落としたり傷めたりで株姿はぱっとしませんが、花は抜群にかわいいメアリーローズ。
ローズピンク色で、おおらかな花容の中輪で、香りがあって・・・というバラが欲しかったので、こちらもほんと買ってよかったです。
120624 ERメアリーローズ

120624 ERメアリーローズ

イングリッシュローズといえば

120624 ERヘリテージ

何はなくともヘリテージ。
実家で昔から咲いていたERがヘリテージだったので、数え切れないほどの品種が発表されている今でも、私にとってはヘリテージがERの、というよりもバラの代表格です。
この春は調子が悪く、いい花を咲かせてあげられなかったので、久々にこの姿を見られて本当にうれしい。

下の写真はC.ダーウィン。今回は、咲き進んでもきれいな形のままで一安心。

120624 ERチャールズダーウィン

120624 ERチャールズダーウィン
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
ブログ内検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンタ
月別アーカイブ
プロフィール
南関東、東南向きのマンション庭。
数年間草むら状態だったのを、09年6月下旬に一から作り直しました。

●メイングランドカバー
 ヒメイワダレソウ
●花木
 ブッドレア、矮性サルスベリ、アジサイなど
●宿根草
 ゲラニウムなど
●バラ
 OR,ER中心に 全て鉢栽培
最新コメント
  • ライブドアブログ