夏剪定しなかったバラ、早め浅めにハサミを入れたバラがぽつぽつと咲き始めました。
予習していた通り、ティーローズは剪定から開花のスパンが短い!
そしてHTのオーギュスティーヌギノワソーも・・・
特にギノワソーは、来年夏剪定をもしやるとしたら、時期を遅らせるかもっと深めに切る必要がありそう。
1日剪定を遅らせると2日開花が遅れるそうなので、9/10頃がちょうどいいのかな。

写真は、夏剪定したチームのバラたち。蕾がつくのが早すぎて、まだ夏顔のままです。

HTオーギュスティーヌギノワソー
120920 HTオーギュスティーヌギノワソー

120920 HTオーギュスティーヌギノワソー


Flグルスアンアーヘン
120920 Flグルスアンアーヘン


虫食い跡もかわいらしい、ポンポン咲きのERグラミスキャッスル
120920 ERグラミスキャッスル



HMskフェリシア
フェリシアは、春よりは大分きれいに咲くようになりました。
新苗で来たからなのか、まだまだ本領発揮はしてないみたい。
120918 HMskフェリシア

120918 HMskフェリシア


Tアルシデュックジョセフ
ジョセフは初夏と同じ花容で開花。
紅いカップは11月までお預けみたい。 
2枚目のバックのバラは、夏剪定しなかったスイートチャリオット。
120920 Tアルシデュックジョセフ

120920 Tアルシデュックジョセフ&Minスイートチャリオット

春と寸分違わぬ花容で咲いたスヴニールデリゼバルドンと、夏剪定しなかったバラたちは別投稿で。